スポンサーサイト

--/--/-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

【解決】『DetachVideo』がマウス下と違うタブのYouTubeを誤って抽出する

2011/04/21 ウェブプレイヤー

DetachVideoが正しく作動しない

DetachVideoは、YouTubeの動画などのフラッシュプレイヤーを別画面にポップアップできるソフトですが、Firefox 4.x以降で正常に動いてくれなくなりました。このソフトの開発は2008年以降止まってしまっていて対応されそうにもありません。しかし、このソフトはAutohotkeyというスクリプトで作られたもので、こちらのフォーラムでは、その解決策が紹介されていました。以下は正しくYouTubeを認識させる手順です。

DetachVideoを修正する手順

まずAutohotkeyのDLページから「Script Decompiler」(Exe2Ahk.exe)をダウンロードします。

「DetachVideo.exe」ファイルを、今ダウンロードした「Exe2Ahk.exe」にドロップします。すると「DetachVideo.ahk」というファイルが生成される筈です。それをメモ帳などで開いて24行目あたりの「MouseGetPos,,,window,ctrl,2」という箇所を下の表を参考に置き換えて上書き保存します。

置換前 変更後
24行目 MouseGetPos,,,window,ctrl,2
MouseGetPos,,,window,ctrl,3
SendMessage,0x84,0,%lp%,,ahk_id %ctrl%
If ErrorLevel=4294967295
  MouseGetPos,,,window,ctrl,2

AutohotkeyのこちらのDLページから、「Installer for AutoHotkey Basic」(1.95 MB)と書かれた最後の方の「zip file」をクリックしてダウンロードします。
その中にある「Complier」フォルダの「Ahk2Exe.exe」を実行してSource[script file]の「Browse」からさっき上書き保存した「DetachVideo.ahk」を読み込ませて「Convert」をクリックします。
Autohotkeyのコンパイラ「Ahk2Exe.exe」

以上で「DetachVideo.exe」というファイルが生成されている筈なので作業完了です。

同じ要領で枠などを取り払い省スペース化したものを作ってみました。
こちらの記事に紹介してありますので良ければ御覧ください。

スポンサードリンク

-0コメント

非公開コメント(
トラックバック :

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。