スポンサーサイト

--/--/-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

【解決】FF9のセーブデータをバイナリエディタで書き換える方法。クレイラのバグを突破可能

2011/06/19 エミュレータ

セーブデータをバイナリエディタでディスクの数を変えてバグを修正したり、好きなデータに改変したり出来る

ePSXeでFF9をプレイしていると『クレイラの幹』でブラックスクリーンでフリーズする件について、その解決方法がPSEmu.jpn.orgのこちらこちらにあったので手順をまとめました。この方法を応用すればアイテムやステータスなど様々なデータを好きなように改変することも可能です。

セーブデータの書き換え方法

ここではePSXeでFF9をプレイ中にディスク交換でISOを選択するとおきるバグの修正手順を紹介します。この手順を応用することで最大HPやレアアイテムを所持させたりすることも可能です。

以下は自己責任でお願いします

まず主な手順の流れ


実際の手順

 ■ バグの内容

DISK交換時にフタを開けないで交換すると起きるバグで、セーブデータが「DISK 12」を要求します。この場合、DISK1でも起動しますが至る所でバグが起きてしまいます。ということでバイナリエディタで2104を1(DISK1)、2(DISK2)、3(DISK3)の本来のディスク番号に修正します。

 ■ 改変のリスク

個人使用以外でゲームデータを改変するのは犯罪です。改変したデータの配布などは明らかに違法ですので注意してください。またデータが破損してしまう可能性もあります。バックアップは必須です。

 ■ MCRファイル(セーブデータが入ったメモリーカード)の書き換え

通常は、ePSXeの実行ファイルと同じフォルダ内の「memcards」フォルダの中にMCRファイルがあると思います。これをまず複製して片方をバックアップしておきます。

StirlingなどのバイナリエディでMCRファイル(例 epsxe001.mcr)を開き、2104の箇所が「03」となっている部分をDISK2なら02、DISK3なら04、DISK4なら08と書き込みます<参考:海岸沿い倉庫|WINPSMデータ解析結果>。「2104」は2100行の、04列という表記です。セーブデータのDISKが12となっている

書き換えたら上書き保存して終了します。

 ■ FFCsumで再計算してMCRファイルを再構築する

データを書き換えただけではチェックコードの関係で上手くいかない場合があります。念のため、保存したMCRを「海岸沿い倉庫」にあるFFCsumで再計算して保存しなおしましょう。

■Windows 98/Me/2000の場合
最新版のFFCsum ver2.00でOK。

■Windows Vista/7の場合
「旧バージョン」と「差分ファイル」をDLして、旧バージョンのFFCsum.exeと同じ場所でFFCsumUp101.EXEを実行します。以上でFFCsum Ver.1.01となるのでこちらを使います。

 ■ メモリーカードを選択してロードしてみる

ePSXeの設定>メモリーカード>選択をクリックして修正したMCRファイルを選択します。
ゲームを起動して「contenew」>スロットを選択して当該セーブデータを見るとDISK12が変更した数値に変わっていれば成功です。以上で、DISK1を求められることなく正しいDISKを読み込めるようになっている筈です。

スポンサードリンク

-2コメント

  • 7
  • 2011-11-12(19:34)

おかげで嵐を無事越えれました
  • 13
  • 2012-02-16(20:28)

私もおかげで嵐を超えられそうです。有難う御座いました
 >FFCsumで再計算してMCRファイルを再構築する
の部分も重要な事がよく分かりました
.psにのみ対応と書いてあったので.mcrはどうすれば…と困っていたのですが
それもオールファイルで全然問題なかったのに考え込んでる自分が居ました(笑
非公開コメント(
トラックバック :

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。