スポンサーサイト

--/--/-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

マウス&キーボード共有ソフト DOKODEMO, Input Director, Synergyなど

2011/06/04 作業効率アップソフト

複数PCでマルチモニタ風に操作できる

LAN内の複数のパソコンを1つのマウスとキーボードで操作できるツールです。クリップボードの共有やファイルのコピーもそれぞれ対応しています。

マウス&キーボード共有ソフト4つ

AvalonDOKODEMO
http://www.avalon.gr.jp/ (閉鎖?)

動作が安定していて、導入が簡単なソフト。クリップボード共有機能で書式付きの文字や画像なども共有できる。マウスやキーボードで操作切替ができる。切替時に音を鳴らすオプションもある。ソフト更新がされていないため公式な利用可能OSはWindos 98/Me/NT4.0SP3/2000/XPとなっているが、Windows7でも問題なく使えた。

気になる不具合は殆ど無いのですが、押し下げの精度の問題なのかマウスジェスチャーが正確に動作しないのでマウスジェスチャーを使いたい人はInput Directorをおすすめします。

DOKODEMOの使い方

  • 【設定】それぞれのパソコンにDOKODEMOをインストールして起動し、タスクトレイから「操作する」、「操作を受け付ける」とそれぞれ選ぶ。受付側でプロパティの「操作受付け」から操作元の許可を設定し、操作側で「操作対象」にコンピュータ名を追加して「割当て」の方向を決めればOK。
  • 【動かし方】マウス操作では、設定した割当て方向の画面のはしにマウスカーソルがあたる/端でクリックする/しばらく当てたままにする、などで操作対象のパソコンに操作が切り替わる。キーボードのショートカットも設定できる。
DOKODEMO
The OpenSSL ProjectInput Director
http://www.inputdirector.com/

英語ソフト。こちらも比較的動作が安定している。DOKODEMOには切替時の音響設定があったが、それ以外の機能ではInput Directorが豊富で、「AES Encryption」を設定すればAES(128/192/256bit)で通信を暗号化できるのはこのソフトのみ。また操作側PCと連動して操作先のPCもシャットダウンできたり、操作切替時にカーソルに波紋効果をつけることもできる。マルチモニターにも対応している。利用可能なOSはWindos 2000/2003/XP/Vista/7。

Input Directorの使い方

  • 【設定】それぞれのパソコンにInput Directorをインストールして起動し、タスクトレイから「Show Input Director」、「Main」タブから「Enable as Master」(操作元)、「Enable as Slave」(操作受付)をそれぞれクリック。受付側で「Slave Configuration」タブから「Allow any computer to take control」(全ての操作を受け付け)または操作元の許可を個別に設定する。次に操作側で「Master Configuration」タブから「Add」でコンピュータ名・IPのどちらかを追加してレイアウトを決めればOK。
    詳しい使い方はこちら→今後、マウス & キーボードを共有するならInput Directorかも
  • 【動かし方】DOKODEMOと同じ。切替までの時間を自分で設定できる。
  • Input Director 設定 Input Director 設定 Input Director 設定 Input Director 設定
Chris SchoenemanSynergy
http://synergy-foss.org/

英語ソフト。Windowsのほか、Mac、Linuxでも使える。スクリーン名を設定したり、ホットキーや切替の反応位置など様々な設定が可能。

Win7 64bitで設定のGUIが上手く動かないなど不具合があり、タスクトレイのアイコンが消えたり増えたり安定性は低い。

Synergyの使い方

  • 【操作側の設定】インストールして起動し、「Server」にチェックし、「Configure Server」をクリック→右上のPCアイコンをドラッグして操作PCの位置に追加→追加したアイコンをダブルクリック→コンピュータ名(スクリーン名)を入力→OK→「Start」
  • 【受付側の設定】インストールして起動し、「Client」にチェックし、「Name of the server」に操作元のコンピュータ名(スクリーン名)を入力→「Start」
  • 【動かし方】「Configure Server」で設定したレイアウトどおりに画面のはしにマウスカーソルがあたると操作対象のパソコンに操作が切り替えられる。
Synergy
愛とゆりSチェンジャー
http://www.asahi-net.or.jp/~ee7k-nsd/s01.htm

マウスのみ、キーボードのみ共有するオプションがある。クリップボードをテキストのみ、画像のみ、転送しないといった内容も決めれる。操作できるPCは最大2台。動作OS: Windows 7,Vista,XP,WinMe,Win2000,Win98

  • Win7が操作元の場合、スクロールがきかない不具合あり。またセキュリティソフトAvastでセキュリティ勧告されます。

Sチェンジャーの使い方

  • 【設定】起動して、操作先PCで「リモートPC」をチェックし、操作側PCで「ローカルPC」をチェック→PC名にコンピュータ名を入力→ENTER→「設定変更」
  • 【動かし方】画面端にカーソルがあたる/クリックで操作PCが切り替わる
Synergy

スポンサードリンク

-0コメント

非公開コメント(
トラックバック :

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。